4DC0612C-BF5F-47D0-8F94-A54BD4FCDC3C.jpg

~従来の縮毛矯正~

強い癖を伸ばす時、髪の癖の結合をしっかり切り離したいところですが、従来の縮毛矯正の薬剤の1液はアルカリが強く、十分に髪の結合を切り離す前に髪の毛が薬剤のアルカリに耐えられなくなりその前に流してアイロンしていました。
その結果、
・ストレート施術後のくせのリバウンド
・キューティクルを無理に開いたアルカリによる髪の毛のパサつき・ゴワつき
・ダメージの極度の進行
・毛先のジリつき、枝毛
・髪の毛の乾燥

が起こっていました。

 

~自然で柔らか~

​gift.式酸性ストレート

<gift.のこだわり施術>

gift.式酸性ストレートは従来の縮毛矯正では表現できなかった

  • 自然で柔らかい

  • 感動のツヤ感

  • ぺったりならない

  • 毛先の不自然な真っ直ぐさが出ない

  • 硬くなったりバサバサが出ない

  • 極力ダメージしない

を可能に!!

IMG_4490.jpg

くせ質・髪質・ダメージの見極め

一番大切なポイント☆
gift.式酸性ストレートのポイントは現状の髪の毛の状態を見極めることです。
・過去の施術履歴
・ご自宅でのお手入れ方法
・現状の髪の毛のダメージと状態
・髪質
・癖の強さと毛流
を見極め薬剤選定を細かく丁寧に行います。

薬剤選定

薬剤選定のポイントは、PHコントロールと薬剤の還元剤(髪の毛の結合を切り離すお薬)の選定です。
見極めた現状の髪の症状に合わせて、どこにどれだけ髪の毛の強度が残っているのかを考え、部位によって細かく薬剤を使い分けます。
(例)
・根本は健康毛で癖が強いのでパワーの強い薬剤
・毛先は優しいパワーでPHを下げてキューティクルを開かない
・等々
薬剤選定を細かく丁寧に行います。

IMG_6523_edited.jpg
IMG_6519.jpg

薬剤の塗分け

髪の毛の症状から行った薬剤選定に基づき、部位ごとに細かく薬剤の塗分けを行います。

アイロン操作

髪の毛がまっすぐにツンとなりすぎないように自然なカーブを描くようアイロン操作を行います。
ここでは、温度設定、アイロンスルーのスピード、自然なアールを描くアイロン操作がポイントです。

酸性ストレート②.jpg
IMG_6521_edited.jpg

栄養補給

gift.式酸性ストレートでは、ストレート施術によって抜け出てしまった栄養を必ず補給いたします。
そうすることで、時間とともに出てくるパサつきを抑え、瑞々しいしなやかなツヤ髪をキープします。

仕上げ

極力乾かすだけで済むような仕上がりの実現です。